段取り八割

段取り名人はタイル施工も上手い。
段取りが早い人は仕事も早い。
仕事は段取り八割。
つまり、段取りが終わった時点で仕事の八割が終わっている。

「仕事は段取り八割だぞ」
親方からたまに聞くこのセリフ。私は段取りがへたくそです。

ある現場で一緒に働いたタイル職人Kさんの話です。
Kさんは、その現場でタイルの職長さん。つまりタイルチームの親方です。
いつもタイルチームの職人皆が気持ちよく休憩したりできるよう気を配って頂いてました。
その現場は大きな現場だったので、いつも休憩室は色々な職人達でごった返していました。
ある時Kさんが、
「なんか、無駄なスペースがあるんだよなぁ、、、」とボヤキながらスケールで
休憩室の長さを測り、机の長さを測り、をしておりました。
私 : 「どうしたんですか?」
Kさん : 「なんだか、もっと上手く机を並べたら、もっと人が座れる気がするんだよ。」

Kさんのその動きは、まさにタイル職人が現場でするタイル割りの計算のごとく、
プロフェッショナルな動きです。
しばらくすると、Kさんが乱雑に並べられていた机の向きに変えていきました。

「これで座る人数が増えたぞ。」
満足げなKさんを見ながら、私は「段取り八割、、、」のセリフを思いだしていたのでした。

余談ですが、タイル職人は田植えも上手いとか。
そりゃ、そうですよね。何かを等間隔に並べるのは、タイル職人にしたら朝飯前なんだろうと思います。

職人修行はどこまでも続きます。(記 : 吉永)
IMG_1073

広告